検索

ふくよかな視点

陶芸家の福岡彩子さんと二人展をすることになった。 二つの空間を別々に使用するので厳密には二人展ではないが、初めての会場なので どのような展示にしようかと考える。 展覧会場の[ 空櫁 ]はいわゆるホワイトキューブではない。 ゲルハルト・リヒターが「作品は役者だ」と言っていたことを思い出す。 そのことばには かねてより共感していて、展覧会のたびに意識する。 作品が、これまで演じたことのない新しい物語を作っていくような展覧会になったらいいな と思っている。 2019/11/30 (日下部一司) [ふくよかな 視 点] 美術家と陶芸家 二人展 風景をなぞる。 同じ風景だけど 視点を変えると 見えてくる物語。 日下部一司さんは 日常の風景から 新しい世界を切り取る。 そして、私たちの心を やわらかくしてくれる。 いつの時代でも 色褪せることのない 軽やかでモダンなうつわを作る 福岡彩子さん。 作品を生み出す根本は「モノの見方」にある。 彼女が考えてきた様々なこと。 二人の〝ふくよかな視点”を ご高覧ください。 ------------------------------------------------------ 日下部 一司 / 美術家 1953 岐阜県生まれ 1976 大阪芸術大学 芸術学部美術学科 版画専攻 卒業 日常生活を通しての視点や対象となる 物のあり方から、視覚の作用と認識(捉 え方)の問題に触れる作品を制作して きた。版画や写真・経年劣化した素材に よる立体作品等、様々な媒体と手法を 用いて発表を続けている。 -----------------------------

報恩寺の角度

報恩寺の角度 2019年11月16日(土)-12月8日(日) 報恩寺 〒602-0066 京都府京都市上京区小川町寺之内下射場579 井上 明彦 今村 源 日下部 一司 三嶽 伊紗 --------------------- DENKITOMBO 井上・今村・日下部・三嶽のユニットで発表。 展覧会場に個々の作品がない展覧会。 以前から目標にしていた、何も展示しない展覧会が可能になった。 会場(報恩寺)の見取り図と短い文章を載せた印刷物(B1サイズ)を制作し配布している。

Restriction 2019-Tree full days

Restriction 2019-Tree full days 2019年12月23日(月)-12月25日(水) 11時~19時 Oギャラリーeyes 赤坂 直生 泉 依里 稲垣 元則 入葉 洋子 日下部 一司 ふなだ かよ 古 川 松平 三日間かかって作った作品を、三日間だけ展示する展覧会。 ------------------------------------------------------ 会場風景・動画 ↓ https://www.youtube.com/watch?v=U9abZ3Coqbs&feature=youtu.be&fbclid=IwAR3c0fS_yjZZbHLKAacwSgJb1fke7EpSW97z8dqwWnIONejE5YZ6pOm_yRw イベント・おでかけ情報ウォーカープラスより↑

来年のこと

11月30日から来年の1月26日まで、東京都写真美術館で 八木良太 君が「至近距離の宇宙」という展覧会に出品する。 会期中「作家とゲストによる対談」という催しがあり、1月25日(土)のそれに八木君が呼んでくれた。楽しみ。