検索
  • szkbksk5

日下部 一司 展

更新日:7月20日




----------------------------------------------------------------------------------------

日下部一司展

2021年7月20日(火)-7月31日(土)

12:00-18:00 日曜日・月曜日休廊


ウエストベスギャラリー・コヅカ

〒460-0002 名古屋市中区丸の内2丁目4-19 マリービル2F

TEL.052-990-8777

----------------------------------------------------------------------------------------

宝石のような写真を作りたいと思う。

宝石のような写真を「撮る」のではない。

宝石のような・・・、という言い方は誤解を生むかもしれない。

おそらく誤解されるだろう。

誤解を承知で話を進める。

次の2点に注目し制作を行うことにした。

1/物理的に小さい写真であること。

2/支持体の持つ物質感を内包する写真であること。

数年前に古道具市で写真アルバムを買った。

昭和初期と思われる風景や人物を撮ったモノクロームの写真が台紙にのり付けしてあるものである。

ところどころ写真が剥がされた部分もあって、所有者の意志の痕跡が残っている。

どれも小さなサイズの写真だ。

コンタクトプリントを切り取ったものもある。

気に入った写真(と思われる)が比較的大きく引き伸ばされ、このアルバムの違うページに貼ってあったりもする。

カメラも感光材料も高価だった時代だから、一枚一枚が貴重な記録であったことだろう。

現代の消費される写真とは違う存在感がある。

その意味で「宝石のような」写真なのだ。

思い起こせば、自分の実家にもこれと同じような写真アルバムがあって、そこには幼い私自身が写っていた。

やはり糊(あるいはご飯つぶ)で貼り付けてあって、写真の上に万年筆で書き込みがあったりもした。

あれも、戻れない時間の彼方を記録した映像と物質なのだ。

写真があの頃持っていたそういう部分・・・。

それを「宝石のような写真」と形容したのである。

時間は、刻々と過ぎていく。

「今」も、いずれ「昔」になるのだ。

今を撮ることは昔を撮ることでもある。

昔の風景と似ていても不思議ではない。



古道具市で購入した昭和初期と思われる写真アルバム





135回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示