検索
  • szkbksk5

作図する

更新日:9月21日



「海を越える版画」という展覧会が催される。

大阪芸術大学博物館の主催だ。

https://www.osaka-geidai.ac.jp/whatsnew/museum_umiwokoeru


受賞作品ではないが、大学の所蔵作品ということで 古い拙作も ついでに展示してもらうことになったようだ。「PROTRACT-13」「PROTRACT-15」という2点のシルクスクリーンによる版画作品(1977年作)だ。

もう45年も前の作品で、こんな時間の経過が信じられない。

タイトルの和訳について聞かれ、古い記憶をたどる。

「PROTRACT」・・・分度器のことをPROTRACTERというので、おそらくその辺からの発想だったように思う。

考えた末「作図する」という日本語タイトルにした。

いま改めて眺めると、頭でっかちなカチカチの作品で窮屈だ。

懐かしくもあり、恥ずかしくもある。

2022/09/20

-----------------------------------------------------


1973年から1983年にかけてカリフォルニア美術工芸大学(現・カリフォルニア美術大学)とサンフランシスコ美術館の共催で「世界版画コンペティション」が4回実施されました。カリフォルニア美術大学と姉妹校提携を結んでいる本学は第2回以降の日本事務局として協力し、受賞作品62点を所蔵しています。

本展では、それらの受賞作品に加え、同時期に本学の国際交流作品展に出品された本学教員・元教員の当時の版画作品約10点もあわせて紹介します。

版画芸術が世界的な盛り上がりを見せていた1970~80年代に海をこえて紹介された版画作品をお楽しみください。

※本展のポスター、チラシはデザイン学科3年 徳田楓太がデザインしました。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご来館の際はマスクの着用をお願いいたします。

【出品内容】

「世界版画コンペティション」受賞作品 62点、本学教員・元教員の版画作品 約10点

【会期】

令和4年9月22日(木)~10月5日(水)

【開館時間】

11:00~18:00

【休館日】

日曜日・祝日

【会場】

大阪芸術大学 芸術情報センター 展示ホール

閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示