検索
  • szkbksk5

問題作



デザインがダサいというのは欠点だけれど それを支える性能がすばらしく、あのビンラディンが使っていたことから「ビンラディンモデル」とか「テロリストの時計」とそれは呼ばれているらしい。

時限爆弾の部品として改造されるなど、F-91W-1JFは意外なところから有名になった。

CASIOの腕時計の話です。

僕は文字盤周囲にある、あの青いラインがどうも好きになれず、先日似たような形のF-201WA-9AJFを購入した。

これは黄色のような金色が青の代わりにあしらわれた同じようなテイストの時計だ。

ネットで買ったら送料込みで1600円ほどだったけど、後日ヨドバシカメラで見たら同じ商品が850円で売られていた。

CASIOの腕時計の話です。

カシオのこのシリーズは異常に安いと思う。

で、ダサいというこのデザインにもファンがいる。

正確さ・頑丈さ・安さ、電池の持ちもほぼ10年といわれていて、「ダサかわいい」時計として人気を博しているようだ。

自分はそれほどのファンではないけど、その価格とバリエーションの多さに、ついのめり込みそうになってしまう。

僕は文字盤が針じゃないと駄目なタイプで液晶文字は苦手だ。

それなのにどこか惹かれるこのダサかわいさ・・・。

そんな時期に、ギャラリーヤマグチの山口さんから今度の個展の案内状デザインを提案していただいた。

それは、デザインとしての「問題作」だった。

常にかっこいいDMデザインのギャラリーヤマグチにしては、ダサく・冒険的というか・・・それでいて攻撃的だ。

ちょっとびびった。

そして、僕はそれに賛同してしまった。

きっと、カシオの時計にのめり込みそうな時期だったからに違いない。

完成した葉書を届けていただいた時、梱包を解いてなぜか笑った。

展覧会のために書いた僕の駄文が作品写真(部分)に重ねてある。

そのため、文字はアラビアの字みたいに見えて・・・もう日本語ではない。

読めないのである。

老眼の眼にはほぼ無理だ。

この段階ですでに「ブー」なのに、おもて面も「日下部一司」と「DOUBLE」が赤と黒で重ね刷りしてあり、それがしかもずれている。

だぶっている・・・というのかな。

「だぶる」という日本語をこれまで僕は使うことがあったが、「だぶる」は英語の「Double」が動詞化して日本語になったものらしい。

「道路」と「Road」くらいの音の類似かと思っていたけど・・・。

今回の案内状は、山口さんと僕の「だぶり」からできたものだ。

ダサかわいい、新種のオプアートみたいな味わいがある。

しかし、情報を正確に伝えるデザインとしては問題だ。

つまり「問題作」なのである。

2020/08/16

52回の閲覧