正方形の風景
正方形の風景

同じ場所を何度も撮る。

press to zoom
スキマの風景
スキマの風景

奈良公園にて

press to zoom
擬態
擬態

枝が伸びる。

press to zoom
笑う
笑う

耕運機の車輪の跡だ。 大胆に笑っている。

press to zoom
高ヶ坂2丁目
高ヶ坂2丁目

落書き文字が美しい、と初めて思った風景。

press to zoom
時間の痕跡
時間の痕跡

風で揺れた動きの痕跡に時間を想う。

press to zoom
ドローイング
ドローイング

瓦のゆがみと壁の傾きが、雨によるドローイングを見せていた。

press to zoom
自然現像
自然現像

手前に樹木が立っていて、後方から光が当たる。 すると壁面に木々の姿が現像された。 自然現像現象だ。 「現像」と「現象」は文字が似ている。

press to zoom
地を這う
地を這う

松が横たわっている。 こういう在り方は、松にとって楽なのだろうか。 ベンチのような形になって、人間が休むにはちょうど良い。

press to zoom
水を見る・風景を見る
水を見る・風景を見る

マンホールにたまった水と、それに映る風景の様子。

press to zoom
2階建て影
2階建て影

日の傾きで風景が変わる。

press to zoom
ぴったりと。
ぴったりと。

歩道の直線と手すりの影がぴったりと重なる時刻。

press to zoom
痕跡
痕跡

自動販売機などのような物体が ここに置かれていたと思われる。 最初に何らかの設置物があって、あとから壁の色を塗ったのだ。 図と地が反転し、塗り残し部分が描画部分に感じられる。 無造作な筆タッチがいい感じだ。 緑色の配分が特に良い。

press to zoom
工事中
工事中

工事壁が美しい。

press to zoom
th_IMG_9931
th_IMG_9931
press to zoom
けられる
けられる

欠けた円を「病円」というのだそうだ。 レンズは映像を円形に映す。 それをイメージサークルという。 写真は通常この範囲内の画像を四角く切り取る形で提示される。 イメージサークルが小さいと、四角い画面の中で上の写真のようにケラレが生じ周辺が暗くなる。 結像する光の様子が記録された写真のようで、写ることの原初的な感動を追体験できる。 ケラレは写真としての矩形が欠けたことだ。 この欠けた矩形をなんと呼んだら良いのだろう。 病んだ矩形・・・「病矩形」かな・・・。 病んだ、という表現はコロナの時期だけに気にはなるけど。 撮影に使った NEWYI 35mm F1.8 というレンズは大暴れする。 開放で撮ったら、もう手がつけられない。 そういう写りもまた原初的な体験かな。

press to zoom
枝の角度
枝の角度

猿沢池の水面に映る樹木が柳の枝にとらえられた風景。

press to zoom
被写体と矩形
被写体と矩形

ここを通ると必ずこの場所を撮影する。 いわゆる「トマソン物件」だ。 色合いと佇まいが美しく、写真にすると また違う存在感が現れる。 被写体は自分に必要な比率の矩形を撮影者に求めているように思う。 写される相手がカメラのアスペクト比を選ぶのだ。

press to zoom
矩形を意識する植物
矩形を意識する植物

矩形という眼差し

press to zoom
文字
文字

こんな写真も飽きてきた。しかし、気になるから撮る。 (インダスター50/3.5)

press to zoom
増田
増田

文字がオブジェのようだ。

press to zoom
遊ぶ
遊ぶ

遊具が遊ぶ (Daguerreotype Achromat Art Lens)

press to zoom
丸い空気
丸い空気

奈良公園のトンネル構図 (Daguerreotype Achromat Art Lens)

press to zoom
猿沢池の柳
猿沢池の柳

無関係が関係を装う。

press to zoom
連なる
連なる

空に向かって育つ様子。 (SMC PENTAX 1:1.2 50mm)

press to zoom
道の形
道の形

道をなぞる植物 (HEXANON 50mm F1.7)

press to zoom
畑

野菜工場・・・ベタな形容が似合う場所 (zeiss Jena Biotar 58mm f2)

press to zoom
垂れる
垂れる

垂直に垂れる (zeiss Jena Biotar 58mm f2)

press to zoom
脱皮
脱皮

田植えが終わって残ったもの。 (CANON MACRO LENS FD 50mm 1:3.5)

press to zoom
2:2
2:2

対の関係 つい 【対】 一 0(名) ① 二つそろって一組となるもの。そろい。ペア。「―になる」「―をなす」「―の着物」 ②  →対句(ついく)に同じ。 二 (接尾) 助数詞。 ① 二つそろって一組になっているものを数えるのに用いる。「蠟燭(ろうそく)立て一―」 ② 衣服・調度などの一そろいを数えるのに用いる。 (CANON MACRO LENS FD 50mm 1:3.5)

press to zoom
重なる
重なる

ブロックとビール箱の小さな重なり。 ( KONICA HEXANON 57mm F1.2 )

press to zoom
たわしとブラシ
たわしとブラシ

たわし たはし 0【束子】 器物の汚れをこすって落とす用具。古くはわら・シュロの毛などを束ねて用いた。現在は合成樹脂製・金属製などさまざま。 ブラシ 12brush ① 獣毛や合成樹脂などを植え込んだ,ごみを払ったり物を塗ったりする道具。はけ。ブラッシュ。〔「刷子」とも書く〕 ② 絵筆。画筆。 ③ 発電機・電動機で,整流子などに接触して電流を取り出し,あるいは供給するもの。黒鉛などを材料に用いる。

press to zoom
オレンジ色
オレンジ色

オレンジ色のテントがある。

press to zoom
面積と空間
面積と空間

モランディの空間を見つける。 ( KONICA HEXANON 57mm F1.2 )

press to zoom
トマソンと窓
トマソンと窓

ただただ、トマソンと窓である。 ( KONICA HEXANON 57mm F1.2 )

press to zoom
ホースを撮る
ホースを撮る

小石の存在も大きい。 ( KONICA HEXANON 57mm F1.2 )

press to zoom
二つの渦
二つの渦

実用と言うよりは視覚が勝る風景。

press to zoom
遠近感表現
遠近感表現

必然的な傾きの写真を撮ろうと思った。 (Carl Zeiss Distagon 2.8/35)

press to zoom
中心
中心

矩形の中心を探せ。 ( KONICA HEXANON 57mm F1.2 )

press to zoom
独立国
独立国

ゴームリーの作品に「独立国」というのがある事を思い出した。人体とホースが循環する作品だ。 (Carl Zeiss Distagon 2.8/35)

press to zoom
並べる
並べる

理由はいくつかあるのだろう。必然がこの形を場所を選んだ。

press to zoom
赤と青
赤と青

赤と青を撮ろうと思った。 (Carl Zeiss Distagon 2.8/35)

press to zoom
矩形の中心に雲がある
矩形の中心に雲がある

そして、送電線が垂直に延びている。 (Carl Zeiss Distagon 2.8/35)

press to zoom
「ご注意ください。」
「ご注意ください。」

枚方まで知人の個展を見に行った。駅で撮ったこの写真が「今日の一枚」だった。 (Carl Zeiss Planar 2/45)

press to zoom
アップル・水鳥
アップル・水鳥

ノートパソコンの上を泳ぐ水鳥の様子。 (Carl Zeiss Tessar 2.8/45)

press to zoom
左右対称
左右対称

同じ風景を何度も撮ってしまう。 (NEEWER f=35 1:1.2)

press to zoom
初夏
初夏

変哲もない風景がファインダー越しで変化する様子。 (NEEWER f=35 1:1.2)

press to zoom
田植えの季節
田植えの季節

田植えの季節がやってきた。曇天のこの風景もなかなか味わいがあるなあ。 (JUPITER-12 2.8/35)

press to zoom
レンズの眼
レンズの眼

写真を拡大して見るのはデジタルになってからだ。 そうすると、レンズ固有のクセが顕微鏡で見るようにわかるのが面白い。 この場合、右上の光の様子がいい感じ。 (JUPITER-12 2.8/35)

press to zoom
ナイスショット
ナイスショット

Nikonのおまけ「Nikon Nice Shot」という冊子の表紙をまたしても思い出してしまう。 (JUPITER-12 2.8/35)

press to zoom