top of page
検索
  • 執筆者の写真szkbksk5

現代アートからの「谷崎礼讃」~岩野勝人・日下部一司~

推敲の痕が残る原稿用紙を見るのが好きだ。

かつて見たことがある宮沢賢治の「アメニモマケズ手帳」の現物も面白かった。

集英社新書の「直筆で読む」シリーズもよかった。

大宰治の「人間失格」の原稿をそのまま印刷したものを読んだが、筆跡や線の入れ方、推敲の痕跡が彼の思考の痕跡として残っていて、活字で読むより面白い。


何を消してどのように修正したか・・・というようなことを楽しむ。

谷崎潤一郎記念館で見た、「細雪」の 反故原稿も興味深かった。

2本線で文字を消す方法などではなく、真っ黒に塗りつぶしてある。

もとの文言を絶対読まれないようにしているのだ。

消しました、という事実だけが残る。


16日から谷崎潤一郎記念館で永草次郎氏キュレーションの「現代アートからの谷崎礼賛ー岩野勝人・日下部一司」という展示に参加することになった。


「谷崎礼賛」というタイトルは、おそらく陰翳礼賛から来ているはずだ。

「陰翳礼賛」は谷崎のエッセイで、日本家屋の光と文化について述べている。

光といえば写真だ。

光の痕跡が写真だから、僕は写真を雑多に展示をしようと思い立った。

あと、空間の中で刻々と変化する光を観察するためのオブジェ(既製品)を配置しようと思っている。


それにしても、谷崎潤一郎の愛猫「ベル」の剥製があるとは知らなかった。

-------------------------------

以下、谷崎潤一郎記念館ホームページより抜粋


【庭園ロビー展】

現代アートからの「谷崎礼讃」~岩野勝人・日下部一司~

谷崎ゆかりの庭園とそれを眺めるロビーにて、現代アーティストが谷崎の美意識にインスピレーションを得て自作の展示に挑みます。


会期:2023年9月16日(土)~12月10日(日)

開館時間:10:00~17:00

(入館は16:30まで)

月曜休館(祝日は開館し、翌日休館)

会場:庭園とロビーギャラリー

観覧料:一般500円、大高生300円、中学生以下は無料

 ※団体料金(20人以上)は2割引き

 ※65歳以上および身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳をお持ちの方、 ならびにその介護者1名は半額

★11月11日(土)・12(日)は観覧無料です。



【トークイベント】

トークイベントでは、出品作家の岩野氏と日下部氏のお二方へ、今回の「谷崎礼讃」作品への思いなど、 ゲスト・キュレーターの永草氏(帝塚山学院大学教授・Ns ART PROJECTディレクター)が進行役となってお話を伺っていきます。


日時:11月26日(日)

14:00~15:00

場所:当館ロビー

定員:30名(要予約)

観覧料のみでご参加いただけます。






閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page